知れば知るほど使える日本酒の飲み方!基本と応用

知れば知るほど使える日本酒の飲み方!基本と応用


日本酒に限らず、ビール、焼酎、ワイン、カクテルなど、アルコール飲料にはそれぞれさまざまな飲み方があります。ビールは冷やして飲むのが美味い!というのは常識ですが、焼酎や日本酒については、どのような飲み方があるのか、またその違いについて理解していない方が多く見られるように思います。

私も先日、居酒屋でお酒を飲んでいると、隣の席から「日本酒をロックで」という注文が聞こえてきてぎょっとしてしまいました。お店の方も「日本酒のロックはないんで、冷酒でいいですか…」と困っていたのですが、実は調べてみると、日本酒でもロックで飲むという飲み方はあるんですね!

しかも燗ロックなる飲み方まであるとか!(燗ロックについては後述します)。

 

さらに調べてみると、日本酒にはほんとにたくさんの飲み方があることがわかりましたので、ここでみなさんと一緒におさらいしたいと思います。

他のアルコール飲料に比べていろんな飲み方ができるのが日本酒の良いところです。さらに美味しく、自分にあったお酒の飲み方を探してみましょう!

日本酒のロックは間違っていない!温度別日本酒の飲み方

1

前述したように、ビールは冷やしたほうが美味い!は常識ですが、逆に温かいビールはどうでしょうか。温かいカクテル、温かいワインはどうでしょうか。

現在ではホットビールやホットワイン(グリューワイン)なるものも少しずつ広まっていますが、はちみつや香辛料などで味付けしなければ美味しく味わうことができません。

その点、そのままの味をいろんな温度で楽しめるのは日本酒のみで、5℃から60℃までの広範囲な温度で味わうことができるお酒は日本酒だけと言われています。

加えて、上述したようにロックで飲むなど、キンキンに冷やしても美味しく飲めますし、温度によって同じお酒でも違った風味を楽しむことができます。

そこでまずは、温度別に日本酒の飲み方を見てみましょう。

スタンダードな飲み方

  • 冷酒

冷酒は7~10℃、ちょうど通常のビールと同じように冷蔵庫で冷やした温度になります。

日本酒の種類にもよりますが、一般的にはフルーツのような香りとシャープでキレのある風味を楽しむことができます。

また細かく分類すると5℃前後を「雪冷え」と言い、10℃前後を「花冷え」、そして常温に近い15℃前後を「涼冷え」といいます。 【雪冷え】 酸度が高いもの、すっきり飲みたいときにおすすめの飲み方。味の薄いものやアルコール度数の低いものが風味を感じにくくなるため、原酒や生酒などに適しています。

花冷え 居酒屋などで冷酒を頼むと、通常この温度になります。お猪口やグラスを手で温めながら飲むと、香りの広がりや味の変化を楽しむことができます

涼冷え ほとんど常温に近い近い飲み方です。こちらもゆっくり温度による味の変化を楽しみながら飲むのがおすすめです。上質なお酒や初めて飲むお酒など、日本酒本来の味を楽しみたい方は涼冷えで飲んでみましょう。

  • 冷や(常温)

15~25℃で飲むことを冷やと言い、常温のお酒になります。

冷やと聞くと冷酒、冷たいお酒と勘違いする人もいますが、冷やは常温の日本酒を指すので気をつけましょう。常温で保管していても、夏は温度が上がり、冬は温度が下がりますので、夏は少し冷やして、冬は少し温めることで15~25℃に近づけます。

リンゴのようなフルーティな香りに木や葉のようなほんのり渋い香りが混ざり、日本酒本来の甘みや味わいを楽しむことができます。これより温度が高くなると、味がぼやけだすので注意しましょう。

  • ぬる燗

40℃前後に温めたものをぬる燗と言い、熱燗と冷やの間の飲み方になります。

もう少し温度の低い35℃前後を人肌燗と言い「人肌くらいで」と言えばぬる燗が出てくるところもあります。日本酒の種類によっては、冷酒で飲んだほうがおいしいもの、ぬる燗でのんだほうがおいしいものなど様々ですので、迷った際はお店の方に「ぬる燗が美味しい日本酒はどれですか」と聞いてみましょう。

より香りを楽しみたい方は、人肌燗よりもぬる燗がおすすめです。

  • 熱燗

ぬる燗をさらに温めて、50℃前後になると熱燗となります。

徳利を触ってみて熱くて手を放してしまう温度が熱燗、温かいと感じるくらいの温度がぬる燗となりますので、一つの目安にしてみてください。

普通酒や本醸造などには比較的熱燗でもおいしく飲めるものが多く、熱することで旨みや香りが増すものもあります。お米の香りやアルコールの香りが好きな方は熱燗がおすすめです。

ちょっと変わった飲み方

  • ロック(水割り)

前述しましたが、日本酒も焼酎のようにロックや水割りで楽しむことができます。ロックや水割りはアルコール度数を下げる役割があるため、比較的度数の高い原酒や生酒などを飲む際におすすめです。

日本酒は悪酔いしてしまうと思っている方もいらっしゃると思いますが、それは単純にアルコールの取りすぎによるものですので、酔いやすい方、お酒が弱い方はロックや水割りで飲んでみましょう。

ただし。居酒屋などでは対応していないところもありますので、別に水や氷を頼んで自分で作る方が無難なようです。もちろん温度は下がりますので、冷酒でもおいしい日本酒を選びましょう。

目安は、日本酒8:水(氷)2です。

  • 燗ロック

燗ロックとはなかなか聞きなれない言葉かもしれませんが、一度熱した熱燗に氷を入れて急激に冷やす飲み方のことを言います。熱することでアルコールが飛び、氷によってアルコールを薄めることができるので、たくさん飲んでも酔わないというメリットがあります。

こちらも冷酒のように、風味が飛んでしまいますので、できるだけ濃いもの、原酒や生酒、しぼりたての日本酒などを選ぶといいでしょう。

  • みぞれ酒

ロックや冷酒のようにただ冷やすだけでなく、半分凍らせてシャーベット状にしたものをみぞれ酒といいます。

日本酒はアルコール度数が高いため、簡単には凍りませんので、タオル等で瓶を巻いて冷凍庫で保存します。取り出す際に刺激を与えるとそこから凍ってしまうので、ゆっくり取り出しゆっくり注ぎます。そうすると、注いだ液体がグラスの中でシャーベット状になる姿が見れますので、視覚的にも日本酒を楽しむことができます。

取り出すのを忘れて長い間冷凍庫の中に放置していても、少し温めれば簡単にシャーベット状になりますので、暑い夏などにおすすめです。

日本男児は日本酒カクテルでおしゃれに決めろ!

2

日本酒はおいしく飲める温度の幅も広ければ、いろんなものを混ぜてもおいしくいただくことができます。

特にカクテル。

通常、カクテルはフルーツ系のリキュールを炭酸や柑橘系のジュースで割って作りますが、リキュールの代わりに日本酒を用いてカクテルを作ることもできます。粋なバーやスナックであれば、日本酒を使ったカクテルを作ってくれるかも。そこで、いくつか代表的なものを見てみましょう。

  • サムライロック

日本酒45mlに対して、ライムジュース15mlを混ぜて作るサムライ。氷を入れて飲むサムライロックは、日本酒の甘味を残しながらもライムの香り・酸味を楽しむことができる日本酒カクテルの代表格です。ほんのり緑に色づいて見た目をきれいです。

  • サケティーニ

ジンとベルモット、そこにオリーブを一刺しすればカクテルの王様マティーニが出来上がります。このベルモットの代わりに日本酒を使えば日本酒の革命児サケティーニの出来上がり。

ジン30ml日本酒30mlが最もおいしい割合となっており、オリーブがなければ梅干しでも代用可能。大人なマティーニをさらに大人に、ダンディーにかっこよく決めたいときにおすすめ。

  • 白梅(しらうめ)

ソルティードッグのように、グラスのふちを塩でコーティングした塩味が絶妙なアクセントのカクテル、それが白梅です。

日本酒45mlに対し、レモンジュース30mlホワイトキュラソー(コアントロー)15mlの割合でシェイクすると、ホワイトキュラソーのオレンジとレモンの酸味、そして日本酒のまろやかな風味が混ざり合い、日本酒らしいカクテルになります。雪化粧をした塩味のグラスは見た目もクールです。

3

  • パリジャン

日本酒45mlジン30ml、そしてカシス15mlで酸味をプラスした、日本酒でありカクテルである、そんなバランスのいいお酒がパリジャンです。

カシスの真っ赤な色合いが大人の女性にはぴったり。パリジャンとはパリの男性のことを意味しますが、チェリーを添えて食後の甘いひと時を演出します。日本酒らしさを楽しみたい方は、ジンを抜いて日本酒を75mlにしてもオッケー。

  • カシス娘

パリジャンやマティーニとは対照的に、若い女性にも飲みやすい日本酒カクテルがカシス娘です。日本酒80mlにカシスを30ml、5倍ほどに希釈したカルピスを100ml入れて混ぜれば、淡いピンクの可愛らしいお酒になります。日本酒とカルピスの融合でまろやかなコクがありつつ、カシスの酸味がすっきりと味を引き締めます。デザートにどうぞ。

  • ハイボール

カクテルとはまた異なりますが、ハイボールにしても日本酒は美味しく味わうことができます。日本酒8に対して、炭酸水2の割合と、一杯の量が多くなってしまいますが、アルコール度数も下がり、さわやかな口当たりであるため、こってりとしたディナーとも一緒に頂くことができます。

たまにはいいかも?日本酒の飲み方番外編

4

アルコール飲料の中でも体に良いとされる飲み方ができるのも、日本酒ならではと言えるでしょう。特に日本酒の体温を向上させる性質は、冷え性などの悩みを抱える女性にうってつけです。

たまご酒、しょうが酒、とろろ酒、にんにく酒など、煮詰めることによってアルコールを飛ばしつつ、栄養価の高いたまご、体の温度を高めるしょうがなどと一緒に飲むことによって、体を温めることができます。

日本酒が魅せる様々な表情。飲んでみないとわからない

これだけたくさんの飲み方ができるのは、アルコール飲料の中でも日本酒だけです。

私もそのすべてを飲んだことがあるわけではありませんが、飲むたびにいろんな発見があり、だからこそ日本酒を飲むのがやめられないのです。 大好きな一本を飲み続けるのも幸せなことですが、その一本を超える一本、状況や気分に合わせた自分だけの日本酒を、ぜひみなさんにも探してほしいと思います。

また、日本酒の飲み方は温度や混ぜるものだけでなく、飲む容器、お猪口は時代遅れ?日本酒の酒器には○○が最適!?、によっても変わってきます。奥が深い日本酒。その奥の奥に潜む本物の味を探求し続けていきたいものですね。


必須お名前
必須メールアドレス
必須メッセージ本文