作り方で劇的に変わる!美味しい日本酒を熱燗で飲む方法!

作り方で劇的に変わる!美味しい日本酒を熱燗で飲む方法!


1

冷やしても美味い、常温でも美味い、そして温めても美味い

現在、世界中にはたくさんのアルコール飲料がありますが、ここまで適温の幅が広いお酒は世界中どこを探しても日本酒だけです。

 

このようにいろいろな飲み方のできる日本酒ですが、活かすも殺すもあなた次第。

特に、熱燗で飲む際には、その作り方を間違えると一気に本来の味、香りを損ねてしまい、せっかくの美味しい日本酒が台無しになってしまいます。

 

お店で飲むのであれば何も考えずに美味しい熱燗を飲むことができますが、自宅で飲む際、また、お客様に振舞う際には自分で日本酒を温めなければなりません。

温める?

電子レンジでいいよね?

なんて考えているあなた。

 

完全にアウトですよ!

 

ということで、ここでは熱燗のおいしい作り方、また、熱燗で飲むべきお酒、飲むべきでないお酒についても確認していくことにしましょう。

あなたは熱燗派?それともぬる燗派?人肌燗もいいね

2

熱燗を楽しむためには、まず適切な温度を知らなければなりません。

とは言っても、実際にお燗の中に温度計を突っ込んで図るわけではありませんので、正確な温度を知る必要はありません。

あくまで知識として、目安として確認していきましょう。

  • 日向燗(ひなたかん)
    日本酒を温めて召し上がるといったときに、もっとも低い温度、およそ30度前後で楽しむお燗のことを日向燗といいます。

    徳利を触ったときにほとんど温かさを感じない程度に温めるのが目安で、香りや味を少し引き立たせたいときには日向燗がおすすめです。

  • 人肌燗(ひとはだかん)
    読んで字のごとく、人肌と同じくらいの35度前後に温めることを人肌燗といいます。

    徳利の底を触った際に温かさを感じるもっとも低い温度、ほんのり温かいかな?と感じる程度に温めるのが目安となります。

    人肌燗から米や米麹が香りはじめ、口の中でふわっと膨らむ風味を感じることができます。

  • ぬる燗
    ほんのり香ってきた米や米麹の香りをさらに感じたいときには、人肌燗よりも5度ほど上げて40度前後に温めたぬる燗がおすすめです。

    お店によっては日向燗や人肌燗を用意していないところもありますが、ぬる燗と言えば熱燗よりも温く、常温よりも温かい温度でお燗をいただくことができます。

    自分で作る際には、徳利の底を触ったときに熱くて手を放してしまうほどではない程度の温かさにするのがポイントです。

  • 上燗(じょうかん)
    さらに温めて45度になると上燗という呼び名になります。

    上燗になると徳利の底を触ると熱くてやけどしてしまう恐れがあるので、湯気が立ち昇るかどうかで判断します。徳利の口付近でほんのりと湯気が上がり、注いだ時にお猪口から湯気が出るくらいの温度が上燗の目安です。

    ぬる燗までは風味や香りから広がりを感じられますが、上燗から先、温度が上がるにつれて香りや風味が引き締まってきます

  • 熱燗
    徳利の底を触ってみて思わず「熱!」と言ってしまう温度、これが熱燗です。温める=熱燗だと思っている人が結構多いですが、熱燗は50度前後で温めることを言いますのでお間違いの無いように。

    熱することによって風味や香りが強くなるものもありますが、一般的には風味にキレが、そして香りがシャープになります。

    米の香りからアルコールの匂いに変わってきますので、気分的に酔いたい方、アルコールの匂いが好きという方にはおすすめです。

  • とびきり燗
    とにかく辛口が好きだ!という人は、熱燗をさらに温めてとびきり燗にしてみましょう。

    底だけでなく徳利自体が熱く、おしぼり等でくるまないと注げないくらいの温度になります。

    お燗の中で最も熱い温度である55度程度、それ以上熱くすると風味や香りが完全に飛んでしまう恐れがありますので、とびきり熱い!と言っても熱し過ぎないようにしましょう。

これだけ守れば、あなたも小料理屋!美味いお燗の選び方

3

さて、ひとえに熱燗と言っても、少しの温度の違いで味わいや風味が変わってくることがわかりましたね。

お燗をする前には、日本酒をどのように味わいたいか、楽しみたいかを考えて、それにあったお燗の種類、温度を選ばなければなりません。

 

とは言いつつ、では辛口が好きだからと言って、
すべての日本酒を熱燗、とびきり燗にすればいいというものでもありません。

要は、日本酒の種類によってもっとも適した温度、美味しく飲める温度が決まっています。

 

つまり、日本酒をお燗で美味しくいただくためのポイントは、日本酒選びから始まっているんですね!

 

では、それぞれの日本酒はどの温度に適しているのでしょうか?温度別にまとめてみますと、下のようになります。

  • 日向燗(ひなたかん)
    日向燗はほぼ常温であるため、どんなお酒にも適しています。
    特に吟醸酒は常温や冷酒として飲むのに適していますので、お燗の中でも温度が低い日向燗に向いています。

    普通酒 純米酒 本醸造酒 吟醸酒 大吟醸酒
  • 人肌燗(ひとはだかん)
    人肌燗も日向燗同様、お燗の中では温度が低いので、どんなお酒にもあいます。
    吟醸酒や大吟醸酒など、値段が張るお酒は人肌燗以上になると、多少もったいない感が出てしまいますね。

    普通酒 純米酒 本醸造酒 吟醸酒 大吟醸酒
  • ぬる燗
    人肌燗以上の温度になると、質のいいお酒の繊細な旨みを感じることができなくなってしまいます。
    大吟醸酒を飲む際は、特に温度に気をつけましょう。

    普通酒 純米酒 本醸造酒 吟醸酒 大吟醸酒
     
  • 上燗(じょうかん)
    普通酒~本醸造酒までは、適燗、つまり上燗からいわゆる普通の熱燗で飲むのがオススメです。上燗まで来ると吟醸酒の風味も飛んでしまい、旨みを感じられなくなってしまいますのでNG。

    もったいないからという理由だけでなく、美味しさを感じることができなくなってしまうからという理由で吟醸酒は避けるべきでしょう。

    普通酒 純米酒 本醸造酒 吟醸酒 大吟醸酒
       
  • 熱燗
    上燗と同じく、いわゆる普通の熱燗の温度で、美味しく日本酒を味わうためには、普通酒、純米酒、本醸造酒がおすすめです。

    これらの種類のお酒は、吟醸や大吟醸に比べてコクが強いため、温めても美味しく味わえるということです。

    普通酒 純米酒 本醸造酒 吟醸酒 大吟醸酒
       
  • とびきり燗
    基本的にお酒は温めるとアルコールや風味、香りが飛んでしまいます。そのため、ほとんどのお酒は常温や冷酒として、またお燗にするにしても低温で飲む方が適しています。

    しかし、どうしてもとびきり燗で、あつあつのお酒を飲みたいという方は、普通酒や純米酒を選びましょう。特にご年配の方には、あっつあつのお燗のアルコールの匂いが好きだという方が多いので、そういった場合には繊細な香り、風味の吟醸酒、大吟醸酒は避けましょう。

    普通酒 純米酒 本醸造酒 吟醸酒 大吟醸酒
         

基本的にお酒は温めるとアルコールや風味、香りが飛んでしまいます。

そのため、ほとんどのお酒は常温や冷酒として、またお燗にするにしても低温で飲む方が適しています。

 

しかし、どうしてもとびきり燗で、あつあつのお酒を飲みたいという方は、普通酒純米酒を選びましょう。

特にご年配の方には、あっつあつのお燗のアルコールの匂いが好きだという方が多いので、そういった場合には繊細な香り、風味のある吟醸酒、大吟醸酒は避けましょう。

お湯は熱く、時間は短く!お燗の極意“四箇条”

4

お待たせしました。

お燗の種類、そして日本酒の種類について知識を得たところでようやくあなたはお燗を作ることができるようになりました。ということで、お家でお燗を飲む際の作り方の極意についてみていきましょう。

極意その一:注ぐのは九分目まで!

お燗を作る際には、まず徳利やお燗専用の容器に日本酒を注ぎます。

その際、注ぎ入れる分量は九分目までにしましょう。

注ぎすぎると、吹きこぼれる可能性や熱の伝わり方にムラが出て温かいところとそうでないところで味が変わってしまいます。

極意その二:口はラップで塞ぐべし!

「美味しい」お燗を作る際のポイントとして重要になるのが、口を塞ぐかそうでないかです。

日本酒は注いだ瞬間から香りが立ち始め、その濃厚かつ繊細な香りは空気に触れると分散し薄くなってしまいます。

 

お燗の際も同様で、口を塞がずにお燗をしてしまうと、温められて膨らんだ香りが外に逃げてしまいます

徳利でない場合も、必ず香りが外に逃げないように口を塞いでください。

極意その三:鍋のお湯は徳利の半分で調節すべし!

鍋にお湯を張る際には、徳利や温める容器が半分浸かる分量で調節してください。
多すぎる、少なすぎると熱の伝わり方にムラがでたり、お燗に時間がかかりすぎたりしますので注意を!

極意その四:お湯は熱く、時間は短く!

お燗を作る際にもっともポイントになるのが、極意その四のお湯は熱く、時間は短くです。

人肌燗を作るときにも、とびきり燗を作るときにもお湯の温度は一定、沸騰するまで温めます。

 

十分沸騰したら火を止め、ここで初めて徳利を入れます

 

おおよそ2分から3分で上燗(45度前後)となりますので、日向燗や人肌燗を作る際には、お湯に付ける時間を短く、熱燗、とびきり燗を作る際には時間を長くするというやり方で作り分けをします。

人肌燗だからぬるま湯で温めると10分以上の時間が掛かり、時間をかけるほど風味が飛んでしまいますので、気をつけましょう。

レンチンで簡単に美味しくお燗を作るための“三箇条”

5

お燗を作るのにわざわざ鍋を出してお湯を沸騰させなければならないなんて面倒くさい!

そう思っている方もいらっしゃることでしょう。そこで、

電子レンジでチン!

で出来るお燗の作り方もご紹介しておきましょう。

 

極意その一:9分目+ラップは常識!

上記のお鍋でお燗を作る際の極意としても上げましたが、お酒は徳利の9分目まで、そして徳利の口をラップで塞ぐのはどんなお燗の作り方でも共通です。

しっかりと頭に叩き込んでおきましょう。

 

極意その二:小まめに温度を確認すべし!

お鍋で作る時もそうですが、お燗は一気に温めてしまえばいいというわけではありません。

電子レンジの性能にもよりますので、ひとえに何ワットで何秒ということは言えませんが、徳利一本の場合、最も温度の低い日向燗で500W、35秒が一つの目安になります。

とは言いつつ、そのまま35秒待てばいいのではなく、電子レンジでお燗を作る際には、特に徳利の上下で温度にムラが出やすくなります。

小まめに取り出し、温度を確認しましょう。

極意その三:20秒毎に軽く揺すれ!

小まめに温度を確認すると同時に、取り出した際には軽く揺することにより、温度のムラを均一化させましょう。一本だけではなく、数本一緒にお燗をするときにはさらに注意してそれぞれの温度が均一になるように確認し、忘れずに揺すってムラをなくすようにしましょう。

 

以上、お燗の種類、お燗に適したお酒の種類、そして美味しいお燗の作り方でした。

お燗は寒い冬ならもちろんのこと、低温で温めれば一年中楽しむことができます。また、温度の違いによって、味や風味が変わってきますので、その変化を楽しむことができるのも日本酒ならではです。

これまで冷酒や常温しかのんだことがないという人も、新しい発見があると思いますので、ぜひ一度飲んでみましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)