ここまで効果があるのか!!酒粕パックを甘く見すぎていた!

ここまで効果があるのか!!酒粕パックを甘く見すぎていた!

ECバナー


1

綺麗になりたい!美しくありたい!女性なら誰しもそう願い、日々美しくなるための秘訣を調べ、美容効果の高いお手入れを施していることでしょう。いや、今や綺麗になりたい、美しくありたいと願うのは何も女性だけではありません。男性だってそう!シミニキビだらけの汚い肌、年齢と共に増えてくる小ジワ、誰もがそれを忌み嫌い、いつまでも若々しくいたいと思うものです。

コスメや化粧品、サプリメント、ダイエット食品…、綺麗になるための商品はたくさんありますが、みなさんは何を使っているでしょうか?人それぞれ悩みや改善したいポイント、そして体質や生活環境は異なりますので、人それぞれいろんなものを使用していると思いますが、内側から外側から、本当の意味で綺麗になりたいならば、酒粕がおすすめです

普段は日本酒大好き、飲んでばっかりの筆者ですが、日本酒のことを調べれば調べるほど、酒粕の効用、栄養素には驚かされることばかりです。お肌も曲がり角の年齢になってきたということもあり、本格的に酒粕の恩恵を受けようじゃないか!と始めた酒粕パック。これがものすごい。……いや、ものすごい。

ということで、飲んでよし、塗ってよし、そして浸かってよしの酒粕について、ここでは特に酒粕パックについて見ていこうと思います。酒粕パックの効能・効果はもちろんのこと、酒粕パックの簡単な作り方まで説明していきますので、綺麗になりたい方、要チェックです。

酒粕パックの効果って?

酒粕が体にいいらしい、美容にいいらしいというのを聞いて、このサイトを訪れた方も多いことでしょう。でも実際のところ、どう体にいいのか、何が美容にいいのかと問われるとわからないという方もまた多いと思います。 そこでまずは、酒粕パックのやり方、作り方を見る前に、酒粕パックがなぜ健康や美容にいいのかを見ていくことにしましょう。

アミノ酸がシミを消し去る!

2

酒粕は言わずもがな日本酒の搾りかす、つまり日本酒と同じような成分を含んでいます。日本酒がなぜ美容にいいのかについては『日本酒成分配合の化粧水の効果がすごい!!なぜ日本酒は肌にいいのか!?』で詳しく触れていますが、基本的には酒粕も同じ、日本酒と同様にアミノ酸を多く含んでいます

アミノ酸とは人間の身体の20%を占めている人間が生きるために必要な栄養素で、血管も内蔵も筋肉も、そして皮膚も、このアミノ酸で構成されているのです。アミノ酸はタンパク質を分解するときに生成されるので、肉や魚、また牛乳や卵などの多く含まれていますが、酒粕にも多く含まれていることがわかっています。

100gあたりに含まれるタンパク質牛乳で3.3g卵で12.3gであるのに対して、酒粕には14.9g入っていると言われています。 タンパク質の摂取量は、普通の生活をしている人で体重×1.08g、運動をしている人で体重×1.2gという式で求められるので、一日におよそ50~70g摂取する必要がありますが、卵や牛乳だけでとるのは中々難しい。しかし、酒粕ならばタンパク質の豊富な肉料理、魚料理の調味料として合わせることができるため、無理なくタンパク質=アミノ酸を摂取することができます。

アミノ酸を摂取して内側から健康的な肌、皮膚を作っていくのも大切ですが、酒粕パックのように、肌に直接塗って直接アミノ酸を浸透させていくことも重要です。

特にアミノ酸には、システインと呼ばれる栄養素が含まれており、これがシミの原因であるメラニンを消し去ってくれる、その生成を抑えてくれます。

また、お肌に弾力を与える、プルンとした張りを与える、でお馴染みのコラーゲンですが、これも実はアミノ酸でできています。じゃあ手っ取り早くコラーゲン入りの食品を摂ればいいじゃないか!という声が聞こえてきそうですが、実はコラーゲンを摂取したからといって、体内にコラーゲンが生成されるわけではないんですね。コラーゲンを作るためにはやっぱりアミノ酸が必要となるので、酒粕パックは優秀なのです。

フルーツ酸がシワを取り去る!

3

AHA!ってなんのことかご存知でしょうか?一時期流行った脳の体操ではありませんよ。AHAとはα-Hydroxy Acidの略、日本語でフルーツ酸のことを指します。アミノ酸は聞いたことあるけど、フルーツ酸なんて聞いたことない!という方がほとんどでしょうが、美容・健康に気を使う人ならとても重要な栄養素なので、ぜひ覚えておいてください。

フルーツ酸はその名の通り、果物にたくさん含まれている栄養素ですが、フルーツ酸は、古くなった肌の角質を取り除くという効果、いわゆるピーリング効果を持っています。肌の角質が新しくなればおのずと肌に弾力が出てきますし、その結果シワが伸ばされたます

化粧の乗りが悪い肌がかさつくという方は、ぜひフルーツ酸をたくさん摂ってほしいのですが、これもやはり酒粕に豊富に含まれています。フルーツ酸は角質を溶かす能力を持っていますので、酒粕パックにしてお肌に直接塗るのがベスト!

フェルラ酸が紫外線を吸収!

4

お肌の点滴といえば太陽の光、紫外線ですね。実は紫外線自体はお肌にとって悪い影響を及ぼすものではなく、殺菌作用があったり、新陳代謝を良くするという働きを持っています。しかし、紫外線の中でも有毒なものがあり、皮膚を焼いたり、その隙間に入り込んで色素沈着、いわゆるシミを作る原因を作ってしまいます。

アミノ酸でも紹介したようにシミを作る原因となるメラニン。このメラニンも実はシミを作るという悪いことばかりではなく、紫外線によって肌が焼け、傷むのを防ぐ役割を持っています。若いうちはメラニンが生成されても、皮がむければ一緒に剥がれ落ちるのですが、年を取るとメラニンがうまく排出されず、逆に暴走して生成されやすくなります。

これがシミの原因となるのですが、フェルラ酸はシミができる原因である紫外線を上手に吸収するので、シミが生成されるのを根本的に防ぐことができます。 そのほか、フェルラ酸はアルツハイマー血圧を抑えるという効果を持っていますので、これらの症状が気になる方は、酒粕を食べて、あるいは飲んで摂取しましょう。

酒粕パックの作り方

5

メリットしかない?日本酒風呂が健康・美肌に良い科学的根拠!』では、日本酒風呂に浸かって、全身を美肌にしよう!と書きましたが、わざわざ「すっぴん酒風呂専用・原液」や「酒風呂入浴剤」などを購入するものちょっとなぁ…と思われる方もいらっしゃるでしょう。

また、『日本酒成分配合の化粧水の効果がすごい!!なぜ日本酒は肌にいいのか!?』で紹介したように、「日本酒の化粧水」や「日本酒の乳液」を買うのもねぇ…という方もいらっしゃいますね。 私は、食べて良し、飲んで良し、そして塗って良しの万能な酒粕が使いたい!手作りの酒粕パックで綺麗になりたい!という人、そんな方のために、手作りの酒粕パックの作り方を説明していきます。

用意するものは酒粕精製水のみ!お好みで肌に乗りやすくするための小麦粉、また保湿成分を含んだはちみつを用意していただくのもいいでしょう。

  • 1.酒粕を練る
    使用する酒粕はなんでもいいですが熟成して茶色になったものや板粕と呼ばれる板状のものは使い勝手が悪いので「酒粕(バラ粕しっとりやわめ)」「熟成された酒粕(踏み粕)」このあたりがおすすめです。これらの酒粕100gが滑らかになるまでミキサーやすり鉢を使ってこねます。
  • 2.精製水を加える
    なめらかになった酒粕に120mlから150ml程度の精製水を加えて、再度混ぜます。裏ワザとして、精製水の代わりに日本酒を使うという手もあります。さらに美容効果が得られますが、アルコールのにおいがきついという人にはお勧めしません。
  • 3.おこのみで:小麦粉、はちみつを投入
    出来上がった酒粕パックが少し水っぽいという方は、大匙1杯くらいの小麦粉を少しずつ混ぜてパックを固めます。また保湿効果をアップさせたいという方は、ここに少しずつ蜂蜜を加えるのもいいでしょう。
  • 注意
    パックの時間は5分から15分程度で、酒粕パックが乾く前に洗い流しましょう。また、酒粕のアルコール分が苦手だという方は、レンジでチンしてアルコールを飛ばしても同じ効果を得ることができます。

忙しい方、自分でパックを作るのが面倒だという方には、「【酒粕美人】酒粕&ヨーグルトの洗いながすフェイスパック」や「酒粕フェイスマスク 田酒」なども市販されています。田酒なんて『純米酒好きは田酒を飲め!本州最北端から送る混じりっけなしの日本酒』でも書いているように、米にとことんこだわった日本酒を作っている酒造なので、その酒粕で作られたパックなんてかなり効果ありそうですよね。

ということでこちらもお試しください。 以上、酒粕パックについてのまとめでした。酒粕は美容にも健康にもいいという、可能性を秘めた食品?化粧品?です。酒粕のことを一から学びたいという方はぜひこちらも合わせてお読みください!


ECバナー

必須お名前
必須メールアドレス
必須メッセージ本文