どぶろくの造り方を知れば、自ずと美味いどぶろくに巡り会える!どぶろくって…何?

どぶろくの造り方を知れば、自ずと美味いどぶろくに巡り会える!どぶろくって…何?


1

美味しい日本酒をみなさんに飲んでいただきたい!

日本酒という日本が世界に誇る文化を、もっともっとみなさんに実感してもらいたい!

そして何より、自分自身がもっともっと美味しい日本酒を飲みたい、味わい尽くしたい、五感をフルに使ってその幸せに浸りたい!!という思いから始まった当サイト「SakeViva」。

ビール?ワイン?カクテル?知らねーよ!日本酒こそ至高なんじゃーい!と声を高らかに日本酒愛を叫んできましたが、まさかここに来て日本酒以外のお酒を紹介するなんて……。

え?どぶろくって日本酒なんじゃないの?と思ったそこのあなた!

実は私も日本酒だと思っていました。

いや、どぶろくはおおまかに言えば日本酒の一種であることには間違いないんですが、厳密に言うと日本酒ではないという、なんとも微妙な位置にあるのお酒なんです。

はぁ、日本酒って難しい……。
覚えることたくさんあるし……。

などと落ち込んでいる暇はないですよ!わからないことがたくさんあるということは、それだけ日本酒が深いお酒だということ、知れば知るほどまだまだ美味しいお酒に出会えるということですよ!

ということで、ここではどぶろくとは何か!というところから、おすすめのどぶろく、そして自家製どぶろくの造り方まで、どぶろくづくしで見ていきましょう!

画像参照元:福島放送

どぶろくって何者?

 2

では早速、どぶろくとは何か?というところから確認していきましょう。

と、そのまえに!

みなさんは日本酒がどのようにして造られているかご存知ですか?えっとー……という方はまず!こちらを読んでいただきたい。

日本酒の美味さは作り方で決まる!日本酒がこのようにして造られている!

先ほど「どぶろくは日本酒の一種である」と言ったのは、基本的に一般的な日本酒が造られるのと全く同じ材料、同じ工程を経て造られるからです。そのため、日本酒の製造工程を理解していなければどぶろくを理解することはできません。

まだ理解できてないよーという人のためにめちゃくちゃざっくりと説明しますが、日本酒は米と水、それから麹を原材料として造られ、これらを混ぜ合わせることによってアルコールや甘味、酸味が生まれ、普段私たちが飲んでいる日本酒の味となります。

しかし、これらの材料をすべて混ぜ合わせ終わったあとの日本酒というのは、白く濁っていて、液体と固体のちょうど間のようなドロドロとしたもの(醪(もろみ)という)になります。

これを普段私たちが目にする一般的な日本酒にするためには、「搾り」という作業を経なければなりません。「搾り」とは醪を布袋などに入れ、圧をかけて搾ることをいい、わかりやすくコーヒーメーカーで言えば、コーヒーの粉に注いだお湯がフィルターを通って下に落ちてくるところと同じ工程となります。

布袋は液体は通すが固体は通さない、というフィルターの役割をするので、「搾り」が終わった後には、無色透明の日本酒(液体)と布袋の中に残った酒粕(固体)に綺麗に分けられるわけです。

このようにして日本酒は出来上がるのですが、どぶろくは、この「搾り」という作業を行わず、白く濁ったドロドロのまま、つまり醪のまま瓶詰めして完成とするのです。

そのため、一般的などぶろくにはお米がどろどろに溶けた半固体のようなものが含まれているわけです。

画像参照元:いわて三陸観光復興プラットフォーム

どぶろくが日本酒ではない理由

日本酒とどぶろくの違いって搾ってるか搾ってないかの違いだけでしょ?日本酒と同じ材料を使って、日本酒と同じ工程を経て造られているのに、どうしてどぶろくは日本酒であるといえないの?とお思いの方もいらっしゃると思います。

しかし、この違いこそがどぶろくと日本酒の大きな差となっているのです。簡単に言えば、搾らないことで日本酒であるということの条件からはずれてしまっているわけです。

酒税法には「醪を濾して固体と液体に分けなければ清酒(日本酒)とはみなさない」という決まりがあります。そのため、どんなに日本酒と同じ材料を使おうが、どんなに日本酒造りと製法が似通っていようが、搾らない時点で日本酒にはなりえないんですね。

しかしこれは、あくまで酒税法上は!の話です。

そのため、どぶろくってどんなお酒?と聞かれれば「日本酒の一種」と答えることは間違ってないですし、「日本酒のもと」「日本酒になる前のお酒」とも言えるのです。

見方を変えてみれば、一般的な日本酒は醪を濾して液体だけを取り出しているという点で、日本酒の一部を飲んでいるとも言えるんじゃないでしょうか?先程も言いましたようにどぶろくには米粒まで入っている、いわば材料のすべてが詰まっているわけなんです。

日本酒ではないが日本酒より日本酒らしい、どぶろくとはまさにそんなお酒なのです。

にごり酒とどぶろくって違うの?

1

このような疑問が湧いた方、なかなかの鋭いですね。にごり酒もどぶろくも同じように白濁していますもんね!

こちらも大まかに言えばどぶろく=にごり酒であり、細かく言えばにごり酒≠どぶろくというかたちになります。

にごり酒については「にごり酒って何か説明できる?楽しみ方は無限大、にごり酒こそ日本酒の中の日本酒である理由!」でも紹介していますが、ほとんどのにごり酒は清酒(日本酒)に分類されます。

日本酒に分類されるということは、搾るという作業が行われているということですね。でも待って、搾られているのに白濁しているってどういうこと?と思われる方もいらっしゃることでしょう。

実は、にごり酒は目の粗い布袋に入れて搾ることによって、あえて純度の低い液体を取り出したものなのです。目の粗さによってはどろどろとした半固体状のものが多く残っている場合もありますし、限りなくさらさらとした液体っぽいけど薄く濁っているというものもあります。

このようにどのような純度であれ、白濁している日本酒はすべてにごり酒ということができ、大きく分類すればどぶろくもにごり酒ということができます。そのため、どぶろく=にごり酒であり、しかしながらにごり酒=どぶろくとは言えないのです。

家庭で簡単にどぶろくを造る方法

家にある日本酒がちょっと飽きたとき、ちょっと甘めのお酒が飲みたくなったとき、普通の日本酒を使ってご家庭でも簡単にどぶろくを造ることができます。

…と、いろんなブログ等で造り方が紹介されていますが、実はどぶろくを家庭で造るのは法律で禁止されているんですね。法律で禁止されているということは、造るだけで犯罪になる…ということですよね?

とはいえ、「どぶろく 自家製」で検索するとそのレシピがたくさん紹介されていますので、どぶろくを造る際には自分の判断で行いましょう。

おすすめのどぶろく3選!

それでは最後におすすめのどぶろく、どぶろくを飲むならこれ!というどぶろくをご紹介していきます。どぶろくって飲む機会がそれほど多くはないお酒だと思います。

この中にもまだ飲んだことがないという人も多いかと思いますので、ぜひこの機会に飲んでみてください。

御殿桜 純米どぶろく

3

どぶろくは前述のとおり醪を搾らずそのまま商品化したものですが、一般的な日本酒は搾りのあと、火入れという作業を行います。火入れとは日本酒の中に繁殖している火落ち菌という菌を殺し、日本酒を長持ちさせる、または味を調えるという意味合いがありますが、こちらの「御殿桜 純米どぶろく」はどぶろく本来の味をそのまま楽しめます。

また火入れをしていないため、瓶の中で発酵が進み、その結果、微炭酸のシュワっと感が味わえます。

画像参照元:ニッポンセレクト

菊水 五郎八

4

菊水って昔ながらの安い酒だろ!?と思ってた私が馬鹿だった。日本酒嫌いはこれを読め!」でもご紹介しましたが、日本酒の有名どころとして名前が挙がる菊水。その菊水が出しているどぶろくがこちらの五郎八です。

こちらは一応特定名称がにごり酒になってますので、厳密に言えばどぶろくとは違いますが、にごり酒のにごり酒らしい甘味と豪快さ、それでいて飲んだあとに残るのは甘ったるさではなく爽快感という非常に飲みやすいお酒となっています。

画像参照元:菊水酒造

ひとめぼれ

 5

菊水や御殿桜を造っている斎藤酒造場のように、日本酒を造っている傍らどぶろくも造っているというのではなく、どぶろくだけを造っているのがこちらの「ひとめぼれ」を造っている酒田発酵です。しかも、これら日本酒のプロを差し置いて、2012年に開かれたTOKYOどぶろくフェスタでは、大賞、そして優秀賞も獲得している名実ともに人気のあるどぶろくです。

画像参照元:NIGORIZAKE BAR 濁酒本舗

以上、どぶろくについてのまとめでした。

独特な味わいなため、口に合わないという人も多いですが、中には見た目から飲まず嫌いで飲んでいないという方もいらっしゃいます。

中には上記の三つのように飲みやすいどぶろくもありますので、ぜひ試してみてください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)