新酒にはこんな定義があった?BYに隠された意味を知れば日本酒がもっとおいしくなる!

新酒にはこんな定義があった?BYに隠された意味を知れば日本酒がもっとおいしくなる!


1

みなさんはどんな日本酒がお好きですか?口の中にほのかに香る甘口、キレのいい淡麗辛口、冷酒でくいっといける純米酒、ちびちびと熱燗で美味しい本醸造……、日本酒を選ぶ基準はいろいろありますが、その選択肢の中に「新酒」「古酒」を入れてみてはいかがでしょうか。

甘口、辛口は日本酒度をみれば分かりますし、純米酒や吟醸、大吟醸、本醸造などはラベルに記載されていますので見分けがつきやすいですが、では新酒か古酒かというのはどうやって見分ければいいのでしょうか。また新酒と古酒ではどのような味の違いがあるのでしょうか。

古酒については「古酒と新酒はどちらが美味い?日本酒は置いておけば古酒になるは間違い?」にまとめていますので、古酒が気になった方はこちらをご参照いただき、この記事で新酒の定義について、また新酒の特徴についてまとめていきたいと思います。

新酒の定義って知ってる?

さて、新酒という言葉にみなさんはどのようなイメージをお持ちでしょうか。新=新しいということで、なんだかみずみずしい感じ採れたてのフレッシュなイメージ、なんだか新しいという言葉が付くだけでちょっとしたプレミア感が増しますよね。 では、新酒と呼ばれる日本酒の実態はどのようになっているのでしょうか。

新酒という言葉の定義を見てみると、「酒造年度内に造られた日本酒」という内容になっています。 酒造年度……初めて聞く言葉ですよね。しかし、難しいことはありません。普段私たちが使用している年度という単位、これは4月1日から次の年の3月31日までの期間のことを言いますが、これと同じように日本酒にも年度という単位があり、酒造年度は7月1日から次の年の6月30日までとなっています。

つまり、その年の7月1日から次の年の6月30日までに出荷されたお酒を新酒といい、それ以前に造られたものを古酒といいます。 通常、日本酒は10月から仕込みが始まり、冬の間に造られて翌年の3月頃に出荷されます。しかし、各酒造の中には熟成させるためにわざと時期を遅らせて出荷させるもの、秋や冬の限定商品として売り出すものなど、6月30日を超えて出荷されるものもあります。これらのお酒は3月頃に造られて6月30日以降に出荷されるので、古酒となります。

つまり、一般的な製造・出荷方法、冬の間に造り出来上がりの3月頃に出荷するという方法を採っている日本酒はどれも新酒となります。

広義の新酒がややこしい

2

上記のように、定義上では7月1日~6月30日までの間に造られた日本酒を新酒と呼ぶのですが、広義な解釈で「新酒」という言葉を使っているところもあります。

  • その年に採れたお米で造られた=新酒

通常であれば6月30日以降に出荷される日本酒は新酒ではありませんが、その年に採れたお米で造られたからという理由で新酒を謳っているお酒もあります。もちろん定義上では新酒ではないものの、日本酒の主原料であるお米が新しいということで新酒であると言いたいのはわかります。逆に去年のお米を使って冬に仕込みをし6月30日までに出荷したお酒が本当に新酒といえるのか、というのもはたまた疑問ではありますね。

  • 火入れをしていない=生酒

日本酒は出来上がった後に火入れ(60℃前後の温度で温める)をすることがあり、これにより酵素の働きをとめ菌を殺します。火入れされたものはそうでないものよりも保存期間が長く、長い間お酒を楽しむことができます。これに対し、火入れしていないものを「生酒」といい、酒本来の味を楽しむことができます。この生酒を広く解釈して保存期間が短いことから=新酒という言い方も広まっているようです。

BYで製造年月を調べる

3

日本酒は製造を行っている蔵元が販売店を持ち、直接お酒を売るということが少なく、ほとんどの蔵元では酒屋さんに販売を委託しています。そのため、酒屋さんには委託先のいろんな蔵元のお酒が数々ならび、中には去年造られたもの、その前の年に造られたものなど雑多に並んでいる場合があります。

多くのお酒はラベルの裏側に製造年が記載されていますが、中にはBYという文字で示されている日本酒も多くあります。このBYとは一体何なのかといいますと、Brewing=醸造、 Year=年、つまりその日本酒が製造された年のことをBYといいます。28BYであれば平成28年に造られたお酒ですよ!という意味です。 BYは写真のようにラベルに大きく書いてあるもの、ラベルの上から判を押したものなど、わかりやすく表記してあるものがおおいので、こちらで新酒かどうかを判断するのもいいでしょう。

画像参照元:酒のコスガ

新酒にこだわる意味とは?新酒の味について

新=新しいというだけでプレミア感が増すというお話はさきほどしましたが、もちろんなんとなく新しい方が美味しそうという理由だけでなく、新酒を選ぶ理由はしっかりとあります。

なんと言ってもみずみずしい。これはイメージ通りだと思いますが、熟成すればするほど日本酒からみずみずしさ、フレッシュさがなくなっていきます。熟成させた方が美味しさが増すものもありますが、やはり製造年月ができるだけ近いほうが日本酒本来の新鮮さを味わうことができます。

しかしながら、新酒はみずみずしさ、フレッシュさはあるものの、日本酒としての風味が安定していないこともあり、多少荒々しい雑味が残っていることもあります。その年のお酒の出来が最も出やすい時期ということでもありますので、その年の出来を比較するという楽しみ方もできるでしょう。


必須お名前
必須メールアドレス
必須メッセージ本文