貴醸酒って知ってる?高級日本酒「貴醸酒」の味わい、美味しさの秘訣について

貴醸酒って知ってる?高級日本酒「貴醸酒」の味わい、美味しさの秘訣について


1

本醸造、吟醸、大吟醸、ひやおろし、あらばしり、にごり酒……、日本酒はほかのアルコール飲料に比べていろんな種類があり、理解していないとなかなか手が出しにくいという特徴があります。 中でも「貴醸酒」は、ほかの種類に比べて特異な存在、いや特別な存在であるとも言える日本酒となっており、そのため、馴染みがない、聞いたことがないという方も多くいらっしゃることでしょう。

ということで、今回は貴醸酒とはどんな日本酒なのか?というところから始まり、貴醸酒の味わいについて、そしておすすめの貴醸酒紹介と、貴醸酒のことを徹底的に解明していきたいと思います。日本酒が苦手でも貴醸酒は飲めるという方も多いので、日本酒の好き嫌いに関わらず参考にしていただければと思います。

画像参照元:fukuya

貴醸酒ってそもそも何?

そもそも貴醸酒とは何か。簡単に言ってしまえば「貴」、つまり高貴な日本酒上品に醸し出された日本酒のことを指します。どのようにして貴醸酒が生まれたのかについては、貴醸酒が生まれた当時の国際事情をが大きく関わっています。

貴醸酒が生まれたのは1973年。当時、国賓の晩餐会等が開かれた際、海外のお客様をもてなすために用意されるのは決まってワインやシャンパンなど、国産のものでなくフランス産のものがほとんどでした。このような状況に国税庁醸造試験所は「日本で開かれている国賓なのに、どうして他国のものを使って海外の人をおもてなさなければならないのか」という疑問を持ち「海外のお客様をもてなす際にも使用できるような、高級な日本酒を作らなければならない!」と奮起し生まれました。

貴醸酒は、一般的な日本酒が米と水を原料に造られるのに対し、米と日本酒を原料にして日本酒を造る、平安時代の古文書「延喜式」に書かれていた「しおり」という造り方を参考に生まれ、現在でも貴醸酒はその造り方で製造されています。 

貴醸酒の味の特徴は?

水の代わりに日本酒を使って造られる日本酒「貴醸酒」ですが、その製法によっていったい味にどのような変化が生まれるのでしょうか。 一言でいうなら「普通の日本酒より甘い!」というのが貴醸酒の特徴です。日本酒は製造過程において、糖を分解しアルコールを醸造するのですが、そこにあらかじめ日本酒が加わることによって、アルコールを作り出す必要がなくなり、分解されるはずだった糖がそのまま残ります

そのため、水の代わりに日本酒を使って造られた貴醸酒は甘くなるのです。 また、味が濃く、熟成するとだんだんと琥珀色に変わっていくという特徴があり、舌触りも滑らか、チーズやチョコレートなどにも合わせるもよし、バニラアイスにかけて食後のデザートとして味わうもよし、普通の日本酒とは一風変わった飲み方ができるのが貴醸酒です。

おすすめの貴醸酒はこちら!

さて、貴醸酒とはどのようなお酒か、どのような特徴があるのかについて確認したところで、おすすめの貴醸酒をみていきましょう。

華鳩:清盛醸造元 榎酒造株式会社

3日本で一番最初に貴醸酒を造ったのがこちらの榎酒造で、現在、こちらの酒造で造っている貴醸酒が華鳩です。世界最大のワイン品評会であるインターナショナル・ワイン・チャレンジで2008、2010、2011、2012、2013、21014、2015年、2016年と8回金賞をとっているという実力のある貴醸酒で、デザートにはもちろんのこと、味の濃い料理とも相性抜群。

貴醸酒をまだ一度も飲んだことがないという方は、ぜひまずはこちらの貴醸酒を飲んでみてください。貴醸酒のルーツを探ることのできる深い味わいが楽しめます。

画像参照元:榎酒造株式会社

八海山 貴醸酒:八海山酒造

4日本酒界の中でも名実ともに最高ランクの日本酒と名高い八海山ですが、こちらも貴醸酒を製造しています。華鳩が日本酒度-44度(低いほど甘い)に対し、八海山の貴醸酒は-36度とやや甘さ控えめで、甘いながらも爽やかな口当たりを楽しむことができます。

酒造好適米の中でも評価の高い新潟の酒米「五百万石」を掛米に使うなど、贅沢な一本ながら、値段が高いということもなく、味、価格ともに飲みやすい貴醸酒となっています。ボトルも一見すると日本酒が入っているとは思えないようなスタイリッシュなデザインとなっているので、贈り物などにも喜ばれることでしょう。

その他、八海山酒造については「日本酒が終わる?これからの日本酒の基準「八海山」」をご参照ください。

画像参照元:八海山酒造

満寿泉(ますいずみ):枡田酒造

5こちらの満寿泉は古代米を使用して造られた貴醸酒であることで有名ですが、こちらの満寿泉では貴醸酒も製造しています。冷やしても美味しく、氷を入れてオン・ザ・ロックにしても美味しく味わうことができます。

イタリア直輸入である洗練されたガラス瓶に入った黄金に輝く貴醸酒。まさに高貴な出で立ちの満寿泉は、見て、飲んで、そして様々な味わい方ができる貴醸酒としておすすめです。

画像参照元:お酒のオンラインショップIMADAY

 

以上、高貴な日本酒「貴醸酒」についてでした。ちなみに、「貴」という字のつくお酒はこちらの「貴醸酒」と「貴腐ワイン」の二つのみとなっています。普段のみするほど安価には手に入りませんが、ちょっと特別な日のプレゼントに、今日は頑張ったぞという日の自分へのご褒美にいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)