くどき上手に口説かれた私が、今度は皆さんを口説きます!くどき上手のここが美味い!

くどき上手に口説かれた私が、今度は皆さんを口説きます!くどき上手のここが美味い!


1

全国2万種類以上の日本酒が販売されているという状況で、どのお酒がおいしいのか、はたまた、どのお酒が自分に合うのかを探し出すのは非常に困難を極めています。私が日本酒を好きになったきっかけは「獺祭(本当の獺祭をあなたはまだ知らない!日本酒好きなら知っておきたい獺祭のすべて!)」ですが、これだけ広く知られている人気の日本酒であっても、美味しくないと感じる人もいます。

くどき上手を飲む理由

私は美味しいと感じたのですが、それだけで数多ある日本酒の中からくどき上手をおすすめする理由にはなりません。くどき上手が他の日本酒に負けない強みとは何か?ほかの日本酒を飲むという選択肢をあきらめて、くどき上手を飲む理由とはなんでしょうか? くどき上手のことが気になったあなた、知りたい、飲んでみたい、味わってみたいと考えている方のために、一目でくどき上手の魅力がわかるよう、私もみなさんを上手に口説いてみたいと思います。

くどき上手は商品ラインナップも豊富なため、こちらについても詳しくご紹介していきます。

画像参照元:「籠屋」秋元酒店

「どの商品もおいしい」には理由がある!

日本には全国に1500を超える酒蔵があると言われており、ひとつの酒蔵で10種類から20種類の日本酒を造っています。この20種類をどう振り分けるかは酒蔵によって違いますが、一般的には大吟醸は新酒鑑評会などにかけて蔵の力を示すための特別酒として、本醸造や普通酒は精米歩合や使用する酒米を調整して、日常飲みに適した価格帯で収まるように造っているため、他のランクのよりも味が劣ってしまいます。

そのため、蔵の一番いい酒、蔵を最もよく表す酒は、特別な日にしか買えないほど高くなく、そして日常飲み用の日本酒よりも美味しい吟醸酒だといわれています。いわばいろんな蔵の日本酒を飲み比べするならば吟醸酒クラスの酒が最もよいと言うわけですが、くどき上手はちょっと違う。

くどき上手を造っている亀の井酒造が造っている全日本酒の精米歩合は、なんと47.8%という数字をたたき出しているのです。これ、何がすごいかっていうと、すでにご存知の方も多いと思いますが、日本酒の中でも最も精米歩合の高いランクである大吟醸の基準が精米歩合50%以下と定められているんですよね。ということは、亀の井酒造が造っている日本酒はどれをとっても大吟醸クラスの味わいが楽しめるということなんですよね。

というか、くどき上手ではすべての日本酒が吟醸か大吟醸なわけですよ。こりゃあどれを飲んでも美味しいわけだ。 また、嬉しいのが、これだけ同じ吟醸、大吟醸でも種類があると飲み比べができ、しかも飽きない。後ほどラインナップをご紹介しますが、大吟醸だけでも「山田錦」「愛山」「亀の尾」「雄町」「八反参拾五」など多彩な酒米を使った商品展開をしています。まだ私もぜんぶ飲めていませんが、一本、二本飲むと他の味が気になりだします。んー早く全商品飲んでみたい!

量より質。くどき上手が飲めるのは選ばれた人

3

くどき上手を造る亀の井酒造の強みはなんといっても品質管理です。日本でも有数の酒処である山形県、その山形県の中でもトップクラスに貯蔵能力が高いと言われています。日本酒は米と水、そして麹や酵母といった菌によって造られているため、貯蔵や保管の質によって特に味が変化しやすい飲み物です。

どの蔵でも品質にはしっかりと気を配っていることでしょうが、亀の井酒造は段違い! 冷蔵設備は200坪以上と言われており、すべての商品が出荷・販売される直前まで万全の体勢で管理されています。酒蔵のタンクというと歴史ある立派な桶や樽を使っているとことも多いですが、正直衛生面大丈夫?という不安もあります。その点、亀の井酒造では綺麗で清潔なサーマルタンクが並んでおり、いけんすると「ここってほんとに酒蔵?」という疑問まで湧いてくるほどです。

この素晴らしい貯蔵方法によってくどき上手のあの上品な吟醸香が生まれるのですが、この特別な香りにはもう一つのこだわりがあります。それが「小川酵母」の存在です。 日本酒は言わずもがな酒蔵が仕込んで造っていますが、例えば日本酒の原料となる米は農家さんが作ったものを仕入れるという形をとっていますよね(最近では自ら酒米を作る酒蔵も増えましたが)。同じように酒造りに使う酵母も自社の酒蔵で造っているところもありますが、大半は外から仕入れており、その仕入先というのが日本酒造協会となっています。

協会には協会系酵母というのがあり、全国、多くの酒蔵がここから酵母を仕入れているのですが、くどき上手には協会10号と呼ばれる小川酵母を率先して使っています。この小川酵母は小川知可良という方が造った酵母なんですが、現亀の井酒造社長今井敏治氏はこの小川氏の下で働いていたんですね。しかも、その酵母のいいところ、悪いところ、小川酵母のすべてを直々に学ぶことができたので、現在も多くの蔵で使われている小川酵母ですが、おそらく小川酵母の上手な使い方に限っては右に出るものはいないでしょう。

小川酵母は他の酵母に比べて酸が少なく吟醸香が特別香り高いという特徴を持っています。この酵母の良さをダイレクトに受け継いでいるなぁというのはくどき上手を飲んでみると一目瞭然、まさにその通りの深い味わいが楽しめます。同じ酵母を使っているものとしては、同じ山形の「十四代(幻をつくった高木酒造。日本酒「十四代」が幻の酒と言われる理由、高値な理由!)」などもあります。こちらも超美味しい日本酒なので、こちらもチェック!

画像参照元:佐野屋

くどき上手が飲みたい!という方へ

以上、他の酒にはないくどき上手の魅力でした。私もくどき上手に口説かれた一人ですが、これからくどき上手に口説かれたいという方、何を飲めばいいのかわからないという方は、こちらの商品情報をご参照ください。本当にどれも美味しいので悩んじゃうと思いますが、直感とセンスで最初の一本を選んでみてください!それがあなたにとってのくどかれ上手の第一歩となることでしょう。 

くどき上手 斗瓶囲大吟醸

5

全国新酒鑑評会にて金賞を受賞した名実ともに認められた「くどき上手 斗瓶囲大吟醸」。斗瓶囲いとは、日本酒に圧力をかけて搾り取るのではなく、日本酒の入った袋を吊り下げ、重力によって滴り落ちた雫のみを集めて造った日本酒ということになります。日本酒の一番いいところだけを、くどき上手の一番いいところだけを集めて造った日本酒!という高級感が一口飲んだ瞬間にふっ。と香る贅沢な一本。くどき上手の真髄を味わってみたいという方、これからくどき上手に口説かれに行くという方にはおすすめです。

画像参照元:pillariwine

くどき上手 大吟醸 3年古酒

6

大吟醸酒を3年寝かせるとどんな味になると思いますか?それは飲んでみないとわかりません…といういじわるは置いといて、「くどき上手 大吟醸 3年古酒」本当にいろんな意味でふくよかなお酒という印象です。香り、味わい、そして口当たり、全てにおいてふわっと押し寄せては深みを残しつつもすっと消えていく。古酒については「古酒と新酒はどちらが美味い?日本酒は置いておけば古酒になるは間違い?」でもまとめましたが、一般的にはどっしりと重いもの、甘さが際立ったものが多くなりますが、くどき上手は古酒のいわば泥臭さのようなものがなく、すっと綺麗な古酒に仕上がっています。

画像参照元:赤門

くどき上手 純米大吟醸 播州山田錦

6-5

米本来の味を楽しむならば、やはり純米でしょ、ということでそんな方には「くどき上手 純米大吟醸 播州山田錦」。40%精米で磨き上げた山形産の山田錦は、マスカットのようなフルーティさはもちろんのこと、そのフルーティーさはお米から来てるんだ!ということが鮮明にわかるほど口当たりがいい、そして深みがあるという印象です。 実はくどき上手の純米大吟醸はこれしか飲んだことはなく、その他に

  • 播州たかね錦44
  • 出羽燦々22 穀潰し
  • Jr.ホワイト
  • 播州愛山48
  • スーパーくどき上手「改良信交30」
  • 亀の尾33
  • 改良信交44
  • 出羽の里44
  • 山田錦45 十年古酒

などのラインナップがあるんですよね。うわーーー早く飲みたい!!

画像参照元:buyee

くどき上手 にごり酒 亀の尾44

7

くどき上手でもう一つ純米大吟醸があったことを忘れてました!それがこちらの「くどき上手 にごり酒 亀の尾44」です。くどき上手の良さはなんと言っても香り高いところですが、こちらのにごりもフルーティな中に吟醸の香りがバランスよく混ざっており、まるでジュースを飲んでいるかのような爽やかな甘味のある一本でした。

画像参照元:阿部酒店

くどき上手 美山錦 純米吟醸

8

山形県産の美山錦を使った純米吟醸「くどき上手 美山錦 純米吟醸」は、とにかくコクがあって濃い。もちろん口にまとまりつく嫌な重さのコクではなく、まろやか、クリーミーという言葉似合うコクです。桃のようなバニラのような、とにかく香りから味から私にはど真ん中の味でした!日本酒をあまり好まない方、女性の方にも飲みやすい一本なんじゃないでしょうか。

画像参照元:O・No・Re【己〜おのれ】

くどき上手 雄町辛口純米吟醸

9

雄町!私の好きな酒造好適米の一つ雄町、を使ったくどき上手がこちらの「くどき上手 雄町辛口純米吟醸」です。山田錦や五百万石を生んだ雄町、コクがあって芳醇な膨らみがあって、そしてそんな雄町を辛口に調理するくどき上手。雄町のいいところを最大限に残しながら、キレのある鋭さ、こんな雄町の使い方もありなんだなぁということを教えてくれた一本です。 純米吟醸も恥ずかしながら、まだこの二本しか飲んだことがなく、その他にも

  • 「酒未来」 純米吟醸
  • 「つや姫」 純米吟醸生 にごり酒

などがあります。いやー十四代とか好きなんで、酒未来とかめちゃくちゃ気になります!こんなん絶対うまいですもん!

画像参照元:真心酒菜一帆

くどき上手 ばくれん 赤 吟醸酒 +20 超辛口

10

もともと私は日本酒が得意ではなく、特に辛口の日本酒が苦手でした。そんな私がいつしか日本酒に目覚め、超辛口と言われる「くどき上手 ばくれん 赤 吟醸酒 +20 超辛口」に手を出すほどまでになるとは誰が思ったことでしょう。とは言ってもこちらのばくれんはただ辛いだけではなく、くどき上手らしい上品な甘味、フルーティーさもバランスよく残っており、それでいて旨口ときてるので、辛口の中でも飲みやすい部類のお酒になるんじゃないかなと個人的には思っている程です!

ばくれんには白と黒もあるのでこちらもあわせて飲みたいところですね!辛口の日本酒については「どうして日本酒は辛口好きの方がツウに見えるの?美味しい辛口の見分け方」にもまとめていますので、気になる方はこちらもどうぞ!

画像参照元:山中酒の店

くどき上手 おしゅん スパークリング清酒

11

くどき上手のちょっと変わったお酒も飲んでみたいという方、くどき上手は飲んでみたいけど日本酒はあまり得意ではないという方にオススメなのが、こちらの「くどき上手 おしゅん スパークリング清酒」です。スパークリングというと、シャンパンや炭酸飲料みたいに甘いんだろうというイメージを持ちがちですが、くどき上手のスパークリングはどちらかというとスパークリングワインにように上品で、ちょっと辛口。スパークリング系は意外と食中酒にならないなぁと感じていた私ですが、くどき上手のスパークリングは程よい酸味で、食中酒としても全然邪魔にならないなぁという印象でした。

画像参照元:日本酒 津々浦々

以上、くどき上手についてのまとめでした。本当にくどき上手は種類も豊富で、私もまだ飲んだことのないお酒が山ほどあります。それだけ楽しみも増えるということで、早く口説かれたいと心待ちにしつつ、このワクワク、期待感も含めて楽しんでみてください!


必須お名前
必須メールアドレス
必須メッセージ本文