越乃寒梅が越乃寒梅で有り続けるために。変わらないこだわりの日本酒の作り方。

越乃寒梅が越乃寒梅で有り続けるために。変わらないこだわりの日本酒の作り方。


1

米や水の旨みだけで味の違いを演出する日本酒は、他のお酒と違って味の違いがわかりにくいとされています。

カクテルであればカシス、ヨーグルト、マンゴー、ピーチ、様々な味を思いのままに作れますが、日本酒はそうではありません。

しかしながら、四季があり、季節によって様々な食べ物、飲みものを味わうことのできる日本人は元来味覚に優れており、そんな日本人だからこそ繊細な味、香りに美を感じ、私たちが好む私たちのための日本酒を生み出すことができたのではないでしょうか。

 

どこのお酒も味はそんなに変わらないだろう、そうじゃありません

私たちの中に「しっかりと味わう」という気持ちが抜けてしまっているだけなのです。

 

旨い酒は奥行きがある、深みがある、そしてその深みを感じられることの幸福感がある

 

この幸福感を、良い心地の酔いを感じるのに最適な日本酒が石本酒造の「越乃寒梅」なのです。

ということで、日本酒「越乃寒梅」の特徴、ラインナップ、そしてそれを作っている石本酒造のこだわり、技術についてみていきましょう。

画像参照元:越乃寒梅|石本酒造株式会社

感謝の気持ちが育んだ酒作り

2

越乃寒梅を製造している石本酒造は日本有数の酒処である新潟県新潟市に蔵を構えており、創業が明治40年、つまり110年ほど続く歴史を持っています。

「農作業に勤しむ農家さんたちに喜んでもらえるようなお酒を作りたい」、そのような気持ちで作り始めたのが越乃寒梅という日本酒です。

 

日本酒事情、お酒事情、また経済事情が代わる世の中で、それでも原料や製造方法に対するこだわりは一貫して変わらず、「うまかった!」と言われる酒を、世代を超えても受け継がれる越乃寒梅らしさを石本酒造は変わらずに作り続けています。

戦後、米の受給率が下がり、日本酒を作るための米が手に入らなくなった時も「少量しか作れないのなら、美味しいお酒をつくろう」という心意気のもと、本当に飲む人に心を込めて、感謝を込めて作り続け、その気持ちがこもったお酒だからこそ、様々な品評会で良い評価を取るということにつながっています。

 

越乃寒梅の味の深みはこの感謝の味なのかもしれませんね。

画像参照元:越乃寒梅|石本酒造株式会社

越乃寒梅の美味しさの秘訣

3

先程も言いましたように日本酒の旨さは米と水に左右されます。

越乃寒梅に使用されているお米は、酒米の中でも高級酒米と言われている兵庫の「山田錦」、そして地元新潟県が生んだ高級酒米である「五百万石」など、こだわりの原料を使っています。

また、石本酒造のある亀田郷は阿賀野川と信濃川、そしてその二つの川の合流地点となる小阿賀野川で囲われた豊富で良質な水がある地域であり、冬には雪が降り積もるような日本酒作りに適した低温地域でもあるなど、美味しい日本酒を作るには持ってこいの場所となっています。

 

そこに石本酒造の技術、とりわけ吟醸ランクの酒造りを基本としたこだわりを濃縮したのが越乃寒梅の真髄。

日本酒を作るには米にこだわらなければならない、技を磨かなければならない、そして人を育てなければならないとし、そのこだわりや想いを共有するための「和」を大切に、米作りから酒造りはもちろんのこと、ビン詰やラベル貼り、事務や営業、そしてそれらの昼食を作る料理人まで含めて石本酒造という考え方が越乃寒梅を最高のお酒に仕立てています。

画像参照元:越乃寒梅|石本酒造株式会社

越乃寒梅を飲むならこれ!ラインナップと特徴

こだわりの原料、こだわりの技術、そしてこだわりの人から生まれた越乃寒梅には6本のラインナップがあります。

それぞれ同じ越乃寒梅でも風味や香り、また最適な温度、飲み方異なってきますので、一つ一つチェックしていきましょう。

大吟醸 超特撰:720ml/5,200円、500ml/3,670円

5越乃寒梅の中でも最高級品となるのが、こちらの「大吟醸 超特選」です。

30%まで精米した最高級酒米山田錦をふんだんに使って造られた贅沢1本で、最大の特徴としては室温1度の暗室で約2年ほど寝かされた後、熟成された最も美味しい状態でいただけるというものです。

この2年間の熟成が他の日本酒にはない上質でまろやかな香りとすっきりと落ちていくのどごしを作っています。

高度経済成長期の日本酒甘口ブームに抗うように造られた洗練された力強い辛口(日本酒度+6)、深みを味わうことができます。

 

吟醸 特撰:1.8l/3,350円、720ml/1.675円

6手軽に越乃寒梅を飲んでみたいという方は、こちらの「吟醸 特撰」がおすすめです。

こちらも大吟醸同じく山田錦を使っており、50%精米ならではのほのかな旨みを感じることができます。

 

日本酒度は大吟醸よりも辛口の+8、お燗で飲むなら常温よりもほんの少しだけ温めた日向燗からぬる燗程度がおすすめ。

後味はスッキリ、すっと通る喉越しときめの細かいキレが特徴です。

 

純米大吟醸 金無垢:1.8l/10,000円、720ml/4,300円

7こちらも越乃寒梅の最高ランクの日本酒です。

純米酒の方が上か、醸造アルコール酒の方が上かについては明確な順位付けはないものの、混じりっけのない米の味を楽しみたい方はやはり超特撰よりも金無垢のほうがおすすめです。

山田錦38%精米と超特撰には劣るものの、熟成させるとさらに旨みが増す山田錦の特徴を余すことなく生かした特別な純米大吟醸となっています。

日本酒本来の風味を味わうならば常温(冷や)がおすすめですが、ほんの少し温めることによって、米の広がりのある香りを楽しむことができます。日本酒度は+3%とほのかな辛口が越乃寒梅ならではの繊細な味を演出しています。

 

純米吟醸 無垢:1.8l/3,800円、720ml/1.900円

8超特撰に対して金無垢があるように、吟醸酒「特撰」に対しても純米吟醸酒の無垢が用意されています。

純米吟醸酒にも関わらずこの値段で買えるのはお得、気軽にかつ美味しいお酒を飲みたいときはこちらの無垢がおすすめです。

 

すっきりとした味わいが特徴の他のラインナップとは異なり、まろやかな舌触りを楽しむことができるのは無垢ならでは。

日本酒度は+4と味は辛口よりとなっています。

 

特別本醸造 別撰:1.8l/2,540円/720ml/1,210円

9山田錦を使用した日本酒全国各地たくさんありますが、別撰のように新潟県産の五百万石を使用した日本酒は新潟県ならでは

また、同じく新潟県産の越淡麗、そして長野県産の美山錦を酒米として独自の製法でブレンドしたことにより、旨みにプラスして深みのある味わいを楽しむことができます。

 

ちょこっとだけ特別な日に飲む日本酒として家に置いておきたい一本です。

本醸造だからといってあなどれない、最もお求めやすい上質な越乃寒梅でとなっています。

 

普通酒 白ラベル:1.8l/2,030円、720ml/960円

10最もポピュラーで日常のみに適した越乃寒梅が、こちらの白ラベルです。

普通酒ながら、越乃寒梅の理念である食前、食中、食後にも飽きずに飲めるお酒であり、吟醸酒と同じ製法で作っているというこだわり。

 

「尻ピンのお酒」という異名を持つ白ラベルは、その名のとおり後味が強くはねるのが特徴で、新潟県産の五百万石、こしいぶきなどを酒米につかっています(精米歩合59%)。

 

 

 

以上が石本酒造の作るこだわりの日本酒越乃寒梅についてでした。

飲んだことがある人も飲んだことがない人も、これぞ自分のための1本というお酒が見つかるまで、いろいろな日本酒を飲んでみましょう。

とくに越乃寒梅は年配の方を中心に多くファンがいるお酒なので、日本酒の変遷、歴史を知るためにも一度飲んでおきたい一本です。

画像参照元:越乃寒梅|石本酒造株式会社


必須お名前
必須メールアドレス
必須メッセージ本文