これぞまさしく淡麗旨口!日本酒「〆張鶴」が生まれた村上市はサケの町?

これぞまさしく淡麗旨口!日本酒「〆張鶴」が生まれた村上市はサケの町?


1

酒処として有名な新潟県には、全国的にも人気の日本酒がたくさんあります。

酒造りに適した気候条件と豊富な原料、そしてなんと言っても酒造りに関する熱意を持った酒造が、日々、切磋琢磨できる環境があります。それらが重なりあうことによって高いクオリティの日本酒が日々生まれているのです。 そんな新潟県の酒造の中から、今回は宮尾酒造株式会社について見ていきたいと思います。

宮尾酒造と聞くとわからない方もたくさんいらっしゃると思いますが「〆張鶴」というと多くの人がわかるんじゃないでしょうか。

〆張鶴は「久保田」、「八海山」、「越乃寒梅」など、全国でも人気の高い新潟県産日本酒に負けず劣らず人気の高い日本酒です。新潟県産日本酒のファンの方にも、日本酒はあまり飲んだことがないという日本酒初心者の方にもおすすめの日本酒ですので、ぜひチェックしてみてください。

日本酒の命。とにかく綺麗な水がある。

人気の高い日本酒は全国にもたくさんありますが、一体それらの日本酒と〆張鶴は何が違うのでしょうか。そして同じ新潟県内のほかの酒造と何が違うのでしょうか。

その答えは明確で、実は宮尾酒造が蔵を構えている新潟県村上市は新潟の中でも、いや全国的に言っても特に日本酒造りに適した場所なんです。 日本酒づくりに適した場所とは一体どのような場所なのか。

これには大きく分けて二つありますが、簡単に言うと

  • 美味しい米が作れる場所
  • 美味しい水が豊富にある場所

となります。

酒造好適米の宝庫

美味しいお米がとれる場所。そう聞いてあなたはどの県を思い浮かべますか?あきたこまちの産地である秋田県、そしてコシヒカリの産地である新潟県、なんとなく農産物がおいしそうな長野県、このくらいなんじゃないでしょうか。

もちろん、日本酒の原料に使われる酒米と普段私たちが食べているお米は同じ種類のものではありませんが、新潟県は普通のお米だけでなく酒米の生産においても全国的に優秀なんですね。

酒米の中でもブランド米とされるものは酒造好適米と呼ばれますが、全国的に有名なものに「山田錦」「五百万石」「美山錦」「雄町」「出羽燦々」「高嶺錦」などがありますが、この中の「五百万石」と「高嶺錦」は実は新潟県産、しかも村上市が主たる生産地なんですね。

全国的に使用されているブランド酒米の生みの親、最高級酒米を作り出し、最高級酒米のおいしいところ、おいしい使い方を熟知した酒造が作った日本酒がおいしくないわけがないじゃないですか!

サケのための川

日本酒を作るために欠かせないもう一つの重要な原料、それが水です。

どんなにお米が美味しく、職人さんの腕が確かであっても、水が不味ければ美味しい日本酒ができるわけがないですよね。お米が美味しいのはわかった。じゃあ新潟の水はそんなに美味しいのか?と。

おいしいです

なぜ、美味しいと断言できるのかといいますと、ここ村上市を流れる三面川というのは、鮭が産卵のために川を登るというのを早々に発見し、約200年も前からこの鮭の帰河性を利用した漁業を行っているのです。

鮭が卵産むような川、そのきめ細かな水質ほのかに香る甘味を持った水を豊富に使って〆張鶴は造られているのです。

もう一度言います。おいしいお水を使って作った日本酒がおいしくないわけがないじゃないですか!まさに新潟県村上市は鮭の町であり、酒の町なんですね。

〆張鶴を飲んでみよう!商品ラインナップとおすすめの飲み方

〆張鶴の生誕秘話、旨さの秘訣がわかったところで、早速〆張鶴の商品ラインナップをみていきましょう。

現在〆張鶴は通年商品が6本、期間限定商品が7本、計13種が楽しめるようになっています。期間限定商品は手に入りにくいものもありますので、こちらも合わせてみていきましょう。

2

〆張鶴 金ラベル」1.8l/8,600円:720ml/3,860円

〆張鶴最高の大吟醸酒は見た目にも華やかな金ラベル。その名に、その見た目にもふさわしい最高急な味わいは山田錦35%まで磨き上げたからこその味わい。

お米というよりはフルーツ、メロンのようなジューシーで濃厚な香りを楽しみながら、口に入れた瞬間にふっと消えてしまうような、繊細で飲みやすい日本酒に仕上がっています。

全国の日本酒ファンがまさしく喉から手が出るほど欲しがる一本は11月限定販売となっていますので、飲みたい方は事前に特約店等の情報を集めておきましょう。

2.5

〆張鶴 銀ラベル」720ml/3,030円

金ラベルに続き、山田錦38%精米の銀ラベルも金ラベルに引けを取らない、いや金ラベル以上に美味しいという人もいるくらい、磨き上げられたシルバーがここにはあります。

こちらも11月限定発売となっており、今年も手に入らなかったーと嘆く人が続出するほど人気が高くなっています。日本酒が大好きな方も、これから日本酒を始めたいという初心者の方もぜひ一度は飲んでいただきたい〆張鶴です。

3

〆張鶴 純米吟醸 山田錦」1.8l/3,500円:720ml/1,770円

50%精米の山田錦を100%使用して作った、宮尾酒造渾身の〆張鶴がこちら。

ここ25年以上新商品を出していなかった宮尾酒造からの新提案であり、新定番となるであろう純米吟醸 山田錦は日本酒度±0とどんな人にも飲みやすく、また山田錦をふんだんに使っているにもかかわらず「料理に合う日本酒」「料理と一緒に楽しんでいただける日本酒」という贅沢な飲み方で味わっていただけます。

純米酒ならではの米本来のしっかり、かつ、どっしりとした味わいが特徴。

4

〆張鶴 吟撰」1.8l/3,400円:720ml/1,700円

こちらは宮尾酒造のある新潟県村上市が生んだ酒造好適米の五百万石と高嶺錦を50%まで磨き上げた酒米に使用した吟醸酒です。

吟醸酒ならではの極上な旨みと日本酒度+4.5と切れ味のいいやや辛口が特徴の一本となっており、冷やして飲むとさらにおいしく味わうことができます。この値段でこのクオリティの日本酒がいただけるのは〆張鶴だけ!

5

〆張鶴 純」1.8l/3,000円:720ml/1,500円

五百万石を贅沢に味わいたいならばこちらの純がおすすめ。50%精米の五百万石だけを使用して作った純米吟醸酒なので、山田錦とはまた違った風味をたのしむことができます

純米酒だからこそ楽しめる米本来のまろやかな口当たり、そして芳醇な香り。それでいて日本酒度+3と軽快な辛口が料理と一緒に飲んでも邪魔せず、料理と日本酒、どちらの良さも引き立てます。

冷やしてもよし、ぬる燗でもよし、いろんな表情を楽しむことができます。

6

〆張鶴 特撰」1.8l/2,720円:720ml/1,300円

山田錦のみを使用した〆張鶴、五百万石だけを使用した〆張鶴、そしてこちらの特撰は山田錦と五百万石の両方を贅沢に使用した〆張鶴となります。

新潟県という日本酒造りの盛んな地域で、舌の肥えた新潟県民相手に信頼を勝ち得てきた特撰は古くからのファンも多い日本酒です。

吟醸酒であるのにもかかわらず気軽に料理と一緒に楽しめるというのが〆張鶴のいいところでしょうか。

7

〆張鶴 雪」1.8l/2,300円:720ml/1,050円

〆張鶴のこだわりの特別本醸造がこちらの雪。

〆張鶴にはたくさんのラインナップがありますが、もっとも普通飲みに適した〆張鶴がこちらの雪です。その名の通り、繊細で透き通るような淡麗、辛口の飲みやすい日本酒となっています。

好みの温度でお楽しみください。

そのほかにも、〆張鶴には

  • 吟醸酒「〆張鶴 吟醸生貯蔵酒
  • 吟醸生酒「〆張鶴 吟醸生酒
  • 〆張鶴の梅酒

などが販売されています。こちらはどれも期間限定販売となっていますので、購入する際は事前に情報を集めておくことをお勧めします。

特に金ラベルや銀ラベルなどの希少価値が高いものは抽選会や会員限定などの方法で販売をしている酒屋さんが多いので、そちらもチェックしておきましょう。


必須お名前
必須メールアドレス
必須メッセージ本文