人と蔵。和醸良酒はまさに三浦酒造のためにある言葉!日本酒「豊盃」が旨い理由はここにある。

人と蔵。和醸良酒はまさに三浦酒造のためにある言葉!日本酒「豊盃」が旨い理由はここにある。


1

皆さんは美味しい日本酒ができる条件を知っていますか?美味しいお米を育てるための肥えた土壌、豊富で質のいいきれいな水、日本酒を造る蔵元の技術……いろんなものに左右されながら日本酒はその土地、その蔵独自の味に育っていきます。

繊細でいて奥深い味わい。古来から日本人に愛されてきた日本酒。その日本酒が生まれるのは毎年寒い寒い冬のことです。寒ければ寒いほど質のいい、清らかな日本酒ができるといわれていますが、今回ご紹介するのは青森県は弘前市、極寒という日本酒造りには最高の土地に蔵を構える三浦酒造株式会社の日本酒「豊盃」です。

極寒の環境とは裏腹に、熱い男たちが造る日本酒とはどのようなものなのでしょうか。さっそく三浦酒造が日本酒にかける思い、それから豊盃のラインナップについてみていくことにしましょう!

一人ではできない日本酒造り

2

皆さんは一本の日本酒ができるまでにどれくらいの人が関わっていると思いますか?日本酒は言わずもがな米作りから始まりますので、酒米を作る農家さんももちろんその一人になりますが、では、酒造の中には一体どのような人がいるのでしょうか。

蔵の中では日本酒を造る工程ごとにいろんな役職の人がいます。
杜氏と呼ばれる酒造の最高責任者は酒造り全体の監督をするとともに、予算・収支の管理から醪の仕込みまで、あらゆる工程の管理を行っています。
と呼ばれる杜氏の補佐役は、杜氏に代わって現場の統率を図り、仕込み水の管轄などを行うなど、蔵の中でも重要な役を担っています。
それから麹屋。日本酒造りにおいて重要な素材となる麹は、麹菌という繊細な菌を扱うたっめ、しっかりと管理された状況下で製造がおこなわれますが、その麹造りの責任者が麹屋と呼ばれる人々になります。 そのほかにも、酛屋釜屋精米屋など、蔵の中にはたくさんの役職を持った人々、そして作業の中心となる蔵人たちが団結して一つの酒を造っているんですね。

三浦酒造では、これら酒造りに関わる人々の結束を何よりも大事にしており、さらには後継者の育成まで含めて、酒造りのもとにおいて一致団結、酒造り業界ではこれを「和醸良酒」と呼んでいますが、まさに良い酒を造るにはまず人から、人が、蔵が良くなければどれだけおいしい酒米や水を用意したところで美味しいお酒は造れません。

画像参照元:豊盃オフィシャルサイト

経験から培われた職人の手

3

昔に比べて機械の性能が格段とよくなり、いろんなものが機械によって生み出される中、日本酒造りはその大半を人の手で行っています。適切に計られた時間、適切に計られた水の量、その寸分の狂いもなく計算された環境の中で行われた浸漬(米に水を含ませる)が終わると、そのお米はこしきで蒸していきます。

お米は毎年毎年、同じように作られたように見えて環境に左右されやすく、少しずつ品質が異なってきます。その品質を測るのが機械ではなく職人の手。品質の良いお米は硬さと弾力をバランスよく兼ね備えており、引き延ばすと餅のように伸びるのですが、長年培った経験と技術により、職人は触っただけでこの絶妙な違いを判断するそうです。

蒸したお米を冷やす際もそう。一つ一つ丁寧に、そして丹念にほぐす職人の手、その一挙手一投足が、おいしい日本酒を造り出しているのです。

画像参照元:豊盃オフィシャルサイト

地元の自然を使って作る、地元の日本酒

このように、三浦酒造は一つ一つ丹精込めて日本酒造りを行っている、和を大事にした熱い酒造ですが、地元への思いも熱いようです。三浦酒造の販売するお酒は蔵を構えている青森県の水を使用しているのはもちろんのこと、使用酒米は、山田錦や雄町などといった有名酒米だけを使用するのではなく、地元青森産の酒米、豊盃米、華咲雪、華想いなどを使用しています。

また、販売割合は青森県内で70%、県外で30%と圧倒的に県内向けのお酒が多く、醸造酒以上の質のいい日本酒が全体の70%と、良い酒を地元の人にたくさん飲んでもらいたいという心意気が垣間見えます。 もちろん、青森県外で三浦酒造のお酒を取り扱っている酒屋も50件以上あるので、青森に住んでいない方でも豊盃を楽しむことはできますが、豊盃を飲む際にはぜひ青森県を訪れて、青森を感じてもらいたいと思います。

豊盃のラインナップ

さて、一通り豊盃についての基本事項を抑えたところでお待ちかね、豊盃のラインナップについてみていきましょう。

豊盃 つるし酒 大吟醸

440%精米の山田錦をふんだんに使った豊盃の中でも極上の一本。絞りとったお酒ではなく、袋吊りにし、そこから一滴一滴したたり落ちる純度の高い日本酒、さらにその中でも初めと終わりの味がぶれやすいものを省いた中取りだけを使用した大吟醸酒となっています。

日本酒度+3、酸度1.5ととても飲みやすく、口の中ですっと消えていくような上品な広がりを楽しめる豊盃となっています。鑑評会出品使用の限定大吟醸となっているので、入手困難となっています。

画像参照元:豊盃オフィシャルサイト

豊盃 大吟醸

5こちらも「豊盃 つるし酒 大吟醸」と同様、40%精米の山田錦を使用しており、大吟醸らしい上品な風味を楽しむことができます。

つるし酒 大吟醸よりも日本酒度が+1高い+4となっていますので、ほんの少し淡麗辛口な豊盃大吟醸を味わうことができます。

画像参照元:豊盃オフィシャルサイト

 

豊盃 純米吟醸 豊盃米55

6青森という土地で最も栽培に適した酒造好適米をつくろうということで、長年の研究の結果から生まれた酒米「豊盃米」。この55%まで磨き上げた豊盃米をふんだんに使って作り上げた純米吟醸酒がこちらの豊盃米55です。

お米でありながらフルーツのような甘い香りと、しっかりとした強めの甘みが口の中に広がります。純米吟醸酒ならではのすっきりした味わいとマッチしてバランスのいい日本酒で、一緒に食べる料理をさらにおいしく引き立てる食中酒としても楽しめます。

画像参照元:豊盃オフィシャルサイト

豊盃 特別純米酒

8同じく豊盃米を55%精米で磨き上げた特別純米酒は、フルーツはフルーツでも青りんごのようなみずみずしい酸味の効いた甘い香りが特徴で、そのまま飲めば濃厚な甘みを、お燗にすればほのかな酸味とふくらみを感じることができます。

ひやでよし、燗でよし、いろんな温度でいろんな表情を見せる日本酒のいいところを贅沢に味わえる一本となっています。

画像参照元:豊盃オフィシャルサイト

 

豊盃 ん

7豊盃の顔ともいえる商品「ん」。豊盃であり、豊盃の顔でありながら、ラベルには豊盃という文字がないという面白い日本酒です。

普通酒でありながら到底普通酒のクオリティとは思えないほど上質な一本でありながら、豊盃をもっとも身近に感じることができる日常飲みに適した日本酒です。この価格でこのクオリティはほかにありません。

画像参照元:豊盃オフィシャルサイト

 

豊盃 大寒仕込み 純米大吟醸

10山田錦の特産地である兵庫県西脇産の特別栽培山田錦を使用した、豊盃の中でもトップクラスの品質、味わいを誇る一本。冬のもっとも寒い時期に蔵人たちが徹夜して作ったのがこちらの大寒仕込みで、毎年11月のみ限定発売の豊盃となっています。

味わいはもちろん上品であり極上、コストパフォーマンスもいいため売り切れ必至の人気商品です。お買い求めはお早めに。

画像参照元:豊盃オフィシャルサイト

 

以上、青森県、三浦酒造が全国に誇る日本酒「豊盃」についてでした。とても人気が高く、通年販売の商品でも売り切れ続出の日本酒となっています。日本酒初心者も日本酒大好きな方も一度は飲んでみることをお勧めします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)